eastern youth

eastern youth

eastern youth(イースタンユース)は、日本のスリーピースロックバンド。略称「ey」。1988年北海道札幌市にて結成。前身は「スキャナーズ」というバンドで、ベースが三橋に交代したのを機に改名した。当時はSKINS・Oiバンドで、バンド名表記も大文字の「EASTERN YOUTH」だった。漢語や近代詩風の表現を用いた歌詞とエモーショナルなサウンドが特徴。特に絶叫するかのような吉野の歌唱はクレジット上で「ボーカル」ではなく「ボイス」と表記される。

wikipediaより引用

eastern youthがカバーしているアーティスト

曲名 アーティスト名 原曲収録CD カバー曲収録CD
一分間 コクシネル
たとえばぼくが死んだら 森田童子
ヒロミ 原田潤
時計をとめて ジャックス ジャックス
コンクリート・アニマルズ 少年ナイフ
Never Give Up bloodthirsty butchers

eastern youthをカバーしているアーティスト

曲名 アーティスト名 原曲収録CD カバー曲収録CD
夏の日の午後 LEO今井 夏の日の午後
浮き雲 BiS BiS DiVE into ROCKS

eastern youthカバーの私評

eastern youthのカバーといえば、なんといっても森田童子の「たとえば僕が死んだら」だと個人的には思う。原曲ももちろん素晴らしいが、このカバーは本当にアレンジが素晴らしい。なんだか聴いていて元気が出る曲、気分が落ち込んでいるときに聴きたくなる曲。eastern youthを知らない人にもぜひ聴いてほしい一曲。

eastern youth/たとえば僕が死んだら

コメント

タイトルとURLをコピーしました